SDGs
SDGs達成に向けた取り組み

scroll

SDGs
SDGsの取り組み

竹屋旅館グループは、SDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向け、
事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいます。

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

内閣府がSDGsの国内実施の促進と一層の地方創生につなげることを目的に推進する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に竹屋旅館・日本医食促進協会が参画。
食育などをテーマにした分科会を主催し、行政・企業の皆様と定期的な勉強会を開催しています。

新しい働き方(複業)の推進

従業員の多様なキャリアと静岡の活性化を目指し、当社では副業を積極的に推進。また、新しい働き方を地域全体に吹き込むべく、静岡県内の企業、経営支援機関、複業人材の皆様と共に「しずおかデュアルワークラボ」を設立し、イベント開催等の活動を進めています。

働きやすい環境づくり

当社では2016年より「女性活躍推進行動計画」を策定、2017年には静岡市より「女子キラブランド」に認定。
また近年ではテレワークの推進も進め、在宅勤務や時短勤務など働きやすい環境づくりに努めています。

健康づくり

「メディシェフ」による食育を社内にも推進。従業員へのメディシェフ資格の取得を進めています。2018年には「ふじのくに健康づくり推進ホワイト事業所」として認定されました。

SDGsとは?

SDGsは、 2015年9月にニューヨークの国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」で採択された、国際社会が2030年までに持続可能な社会の実現を目指すための具体的な目標です。

途上国における貧困や飢餓などの課題にとどまらず、人権やジェンダー、技術革新などの先進国にもおける課題や、気候変動やエネルギーなどの全世界レベルの課題の解決を目指すものであり、世界中の誰一人として取り残さないことを誓い、150以上の国連加盟国首脳の参加のもと採択されました。

ゴール1の「貧困を無くそう」から、ゴール17の「パートナーシップで目標を達成しよう」まで、17分野の目標が掲げられ、それぞれ密接不可分の関係です。

国連は、この目標の達成を目指し、各国政府や企業、市民社会に対して、全世界的な行動を要請しています。特に企業に対しては、課題解決を担う主体として大きな期待が寄せられています。

SDGs
top